気候レジリエンスに対するコンサルティング

お客様の気候リスクを拡大してみると?

気候レジリエンスとは、特定の災害に対する気候の影響に関する個人、事業、政府による認識および計画を意味します。気候の様々な側面が一定であるか変化しているかに関わらず、また変化がゆっくりか急速かに関わらず、そして理由が何であれ、レジリエンスに対する正しいソリューションはしばしば類似しています。山火事、ハリケーン、洪水、暴風雨、猛吹雪、地震などの極端な出来事になると、リスクが高まります。

ミリマンの気候レジリエンスチームは、シナリオを定義し、ハザードを特定してモデル化し、コスト、利点、不確実性に対する明確な知見を提示するレジリエンスに対するオプションを策定するお手伝いが可能です。ミリマンではまず、保険が掛けられる財産のハザードについて、それらが気候によってどのような影響を受けるかに着目します。

30年以上前、保険業界は既定の確率で起こる様々な極端な出来事における保険対象のエクスポージャーを予測するパイオニアとなる巨大災害モデリングを支援しました。最近では、モデリング自体がますます気候を認識するようになっています。そしてミリマンは、これらのモデル化したリスクに沿う保険のフレームワークの設計・実施方法を熟知しています。近年のテクノロジーの進歩により、地理的精度も強化されており、関係者が「ズームして」より詳細にリスクを細分化できています。ミリマンは最新のツールを使用して、気候におけるマクロのシフトとコミュニティーに対するミクロの影響の両方を調査することで、リスクシグナルおよびカスタマイズしたレジリエンスのソリューションを改善します。

ミリマンのクライアントは誰か?

ミリマンは、保険会社、再保険会社、投資ファンド、政府機関、NPO組織、また業界団体と協力し、様々な気候に関する諸問題に取り組みます。

ミリマンは何をするか?

ミリマンのコンサルタントは、保険およびリスクファイナンスのフレームワークを設計し料率設定します。ミリマンは、自然災害リスクに資金を提供するグローバルな投資ファンドから単一世帯として最大の財産である持ち家の保険契約まで、保険のバリューチェーンのあらゆる側面を理解しています。科学的モデルから複雑な地理的および数理的計画を通して、州ごとに規制されている消費者が支払う保険料に至るまで、リスクシグナルの流れを熟知しています。また、山火事、ハリケーン、洪水、地震、また暴風雨や猛吹雪などの巨大災害の脅威についても深く理解しています。ミリマンではお客様と協力して、ベースラインシナリオおよび気候変動を反映したストレスシナリオ、さらにレジリエンスへの投資により可能となる影響軽減シナリオにおける結果を解釈します。我々は、広範な経済におけるリスクシグナルの役割を理解しており、リスクを保険にかけ資金対応するまたはレジリエンスへの投資に資金を出すプログラムについて独立した取引支援を提供する手段として位置づけています。

ミリマンの提供するサービスの例:

  • フィージビリティスタディ

    ミリマンは、民間企業が洪水保険事業に参入し、熱帯性・非熱帯性暴風雨による洪水が頻発する環境における手ごろな補償オプションを拡大するお手伝いをします。また、多額の初期リスク性資本を要する山火事、ハリケーン、その他災害に関する類似の調査も可能です。
  • 商品開発とプライシング

    ミリマンは、顧客および投資家のニーズを満たす保険やリスク軽減商品を開発する企業を支援し、リスクモデルのアウトプットを、リスクに見合った公正で実務的な料率プランに置き換えます。
  • 監督当局対応と申請サポート

    ミリマンでは、州の保険規制を遵守した革新的ソリューションをどのように実行するかを理解するため、規制を研究しており、州監督当局への申請資料の作成およびサポートを行います。
  • 全米洪水保険

    ミリマンは、全米洪水保険制度(National Flood Insurance Program)の料率について、近代化および料率要素のよりよい粒度など、数理的再設計を行っています。再設計の目的は、無保険または十分な保険加入をしていないことによる将来の災害時の損失を減らすことになるリスクシグナルのより良いコミュニケーションおよび洪水保険のより深い理解を可能にすることです。
  • ホワイトペーパー

    ミリマンでは、保険、不動産、その他の業界の事業者団体の要請により、巨大災害リスクおよびレジリエンスに関わる特定のトピックスについての調査を行います。ミリマンの独立した客観的かつ徹底的調査研究は、重要な政策決定を行う立法者、投資家、その他関係者向けの教育に使用されています。
  • 開示および格付機関への対応支援

    ミリマンは、気候関連財務情報開示タスクフォース(G20 Task Force on Climate Disclosures)およびその他の団体が策定したグローバルなフレームワークを用いて、保険に掛けられるリスクおよび非定常な気候に関する前提条件におけるその変動の仕方に対処した成果物を作成します。

ミリマンは、最新の地理学、機械学習、新たなデータの流れを用いて、科学的な気候シナリオやモデルを検証します。また、リスクの高い隣接地から低リスクである不動産を提示できるプライシングやリスクスコアプランを作成します。インシュアテックが進化し、変化する気候環境でカスタマイズしたリスク対策を購入することに新たな世代の消費者が慣れるのに伴い、ミリマンは、オンデマンドでカスタマイズしたリスク分析をサポートします。

ミリマンは、ハザード、気候、レジリエンス、保険のつながりに関わる問題に取り組むお客様から信頼されるアドバイザーです。

サービス

ミリマンの気候レジリエンス関連サービス

洪水保険

損害保険分析

Practice Leaders

Connect with Milliman experts

Watkins Nancy

Nancy Watkins

Principal, Consulting Actuary

Nancy Watkins is a principal and consulting actuary with the Property and Casualty Practice in Milliman’s San Francisco office. She manages an actuarial consulting practice that specializes in climate resilience, insurtech, and c...

Cody Webb

Cody Webb

Principal & Consulting Actuary

Cody Webb is a pricing actuary with the San Francisco office of Milliman.

RESOURCES

Milliman climate resilience consulting resources

連絡先

ミリマンでは、協力してお客様の抱える複雑な問題を解決することに力を注いでいます。お客様のビジネスが現在どうなっているのか、また私どもがどのような形でお役に立てるかについて、お話させてください。