洪水保険

概観

現状

洪水リスクは、長い間、住宅保険業界にとって料率設定が最も難しいリスクの一つであり、最近までは保険商品化できないと多くの人が考えていました。その結果、米国における洪水保険は、従来から米国連邦緊急事態管理局(Federal Emergency Management Agency、FEMA)の下で運営する全米洪水保険制度(National Flood Insurance Program、NFIP)が専ら提供しており、民間保険会社の提供はわずかでした。しかし、近年の法整備、さらに洪水リスクモデリングの改良、再保険および保険の市場キャパシティ、そして消費者の需要から、民間洪水保険市場の実行可能性が高まりました。

洪水は、それ以外の自然災害に比べ、より多くの損失をもたらしますが、最も保険担保されていない災害の一つです。保険担保されていない洪水による損失は、近年の多くの洪水において保険でカバーされた損失を超えています。

洪水リスクは近距離でも異なり、本リスクを正確に料率設定するにはリスク細分化をうまく計画することが不可欠です。ミリマンは、洗練された洪水保険ソリューションを最初に構築した会社の一つであり、本業務に内在する課題を解決してきた豊富な経験があります。

ミリマンが行うこと

ミリマンは、洪水保険分野のイノベーションの最前線にいます。

  • 洪水保険モデリングおよびデータ可用性に関する最近の進展と同時に、ミリマンのコンサルタントは、民間保険会社向けに独立した洪水のレーティングおよび引受の仕組みを構築しました。
  • ミリマンは、損害保険の料率設定においてグローバルな専門家であると認識されており、保険会社が巨大災害に晒された財産リスクに関する独特なリスクを測定、管理する支援をする専門家がいます。
  • ミリマンでは、競合分析を行い、プライシングや収益性、また営業・販売戦略の意思決定をサポートします。
  • ミリマンのコンサルタントは、規制状況を評価してナビゲートする経験に長けています。認可保険会社にとって、洪水保険の収益性を査定し価格設定する機能は州の規制に左右され、合衆国全体で大きく異なります。
  • ミリマンは、巨大災害の料率設定計画の実施を支援することが可能です。マニュアルおよびGISレイヤーを作成し、発生する可能性のあるIT問題についても支援が可能です。
  • ミリマンのチームは、洪水保険市場への参入を検討している保険会社および再保険会社向けに法制面の徹底的調査およびフィージビリティスタディを行っています。
  • 高潮災害モデルおよび内水洪水モデルのレビューを徹底的に行い、洪水保険料率構造の分野に関する様々なアプローチを構築しています。
  • ミリマンのコンサルタントは、洪水保険分野の方向性を示すリーダーだと認識されており、巨大災害リスクの料率設定および洪水の料率設定について多くの業界会合で発表を行っています。現在、NFIP(全米洪水保険制度)全体の洪水保険商品再設計プログラムの一環として、数理コンサルティングサービスを提供しています。

ミリマンのツール

Bungalow:あらかじめ構築されたカスタマイズ可能な洪水保険ソリューション

ミリマンのBungalowは、保険会社が迅速で費用対効果の高い方法で、収益性のある洪水保険を構築するための完全で近代的料率設定ソリューションです。

主な特徴:

  • 業界で最高レベルの解析度によるリスクに価格をマッチ
  • KatRisk SpatialKat洪水モデルを装備
  • スタートアップや成長中の企業が開発コストや規制対応コストを回避するためのフレキシブルで低コストのオプション
  • 容易にカスタマイズできるよう設計しており、ミリマンの経験豊かな洪水およびGISの専門家がBungalowをお客様のニーズに合わせます。

PinPoint:事前に構築した地理空間ソリューション

ミリマンのPinPointは、シンプルなAPIを通した決定のポイントでお客様のシステムに該当する地理的レーティングの知見を提供します。

主な特徴:

  • 粒度と独自のデータにより、より正確な料率を提供します。
  • お客様の料率および規約に合わせた地理的知見を提供します。
  • ミリマンの地理および数理の専門家は、お客様に合わせ、サポートする準備ができています。

Pixel

Pixel™は、ウェブベースで保険会社が迅速に自社の料率ポジションを理解し、情報に基づく決定を支援する双方向保険料比較プラットフォームです。本ソフトウェアの機能として以下が挙げられます。

  • マーケット・バスケット(下記参照)や相場など会社特有のデータ
  • 競合相手の保険料とそのリスクレベルにおけるモデルによる損失額
  • 地理空間情報とマップ
  • データの調査と可視化
  • 先進的分析

前提条件に対する主要測定項目の感応度テスト

事例:許容可能ロスレシオ別Win Rate

洪水保険プライシング構造

NFIPクローン
リスクレベル・モデリング
グリッド料率設定プラン
精緻化料率設定プラン

マーケット・バスケット

洪水保険分野に参入する際に必要となる時間およびデータを軽減するため、ミリマンはマーケット・バスケットを構築しました。以下をはじめとする財産保険および洪水保険のプライシングに用いる現実的な特性分布を持つ複数の架空のリスクからなるポートフォリオを用意しています。

  • 所在地レベルまで特定可能な現実的物件のデータ
  • 先進的地理空間的測定評価に基づく重要なリスク要因
  • 選択した州や商品に対する競合相手の保険料および巨大災害モデルによる損失額

ある地点が周辺地域よりも高いか低いかの相対的高度測定

料率設定エンジン

ミリマンは、NFIPを含む多くの既存の洪水保険制度の保険料を計算する料率設定エンジンを開発しメインテナンスを行っています。また、住宅所有者の保険料に関する広範で競争力のあるデータを保有しており、洪水に対する補償を追加することによる保険契約者の追加保険料を評価する際に使用することができます。

Premium Rankは、以下に示すように想定競合相手に対する新たな制度の競争力を推計することができます。

サービス

ミリマンの洪水保険関連サービス

気候レジリエンスに対するコンサルティング

損害保険分析

プレスリリース

最近の記事

 

New insurtech product, Milliman PinPoint, selected by North Carolina Rate Bureau to deliver granular flood rating plan

Flood: It’s not just a coastal problem;(Leader’s Edge, October 1, 2019)

Almost 2 Million Homes Are at Risk From Dorian. Most Lack Flood Insurance. (New York Times, September 6, 2019)

The Ridgecrest Earthquake: Will Recent Quakes Shake Up California's Insurance market? (Insurance Journal, August 5, 2019)

Waiting to Erupt (Best’s Review, June 2019)

Milliman's Rollins: Localized Flood Data Opens Coverage to Tens of Millions (AM Best TV, May 15, 2019)

Major flooding in the South is a cautionary tale for all homeowners (MarketWatch, May 13, 2019)

Wall Street Is Masking the True Cost of Climate Change for Coastal Homes (Bloomberg, March 26,2019)

U.S. Flood Models Are Still in Their Infancy, So Underwriters Must Be ‘Cautious Consumers’ (Carrier Management, July 1, 2018)

Milliman to design NFIP rating plan (Business Insurance, November 15, 2017)

Work on national flood insurance bill continues (WRKF.org, August 2, 2017)

Editorial: Storm clouds over flood insurance fixes (Tampa Bay Times, July 21, 2017)

Private insurers ready to plunge into flood market (Insurance Journal, July 2017)

Private market flood insurance is cheaper in many cases (Terms + Conditions, July 13, 2017)

Study: Private flood coverage could slash costs for many in Louisiana, but some could see prices double (The Advocate, July 13, 2017)

The private flood insurance market is stirring after more than 50 years of dormancy (Forbes, August 2016)

Remember the flood insurance scare of 2013? It's creeping back into Tampa Bay and Florida (Tampa Bay Times, August 5, 2016)

Practice Leaders

Connect with Milliman experts

Watkins Nancy

Nancy Watkins

Principal, Consulting Actuary

Nancy Watkins is a principal and consulting actuary with the Property and Casualty Practice in Milliman’s San Francisco office. She manages an actuarial consulting practice that specializes in climate resilience, insurtech, and c...

連絡先

ミリマンでは、協力してお客様の抱える複雑な問題を解決することに力を注いでいます。お客様のビジネスが現在どうなっているのか、また私どもがどのような形でお役に立てるかについて、お話させてください。