複製ポートフォリオ

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Lotte van Delft, Craig W. Reynolds, Henny Verheugen, Peter Boekel, Rikiya Ino, Takanori Hoshino |  2009年11月1日

近年、ますます多くの保険会社が、事業管理プロセスの一環として、複雑な確率論的モデルを採用している。これらの分析を行うために、通常、伝統的な保険数理モデルが開発されるが、その複雑さがために、リアルタイムでの財務報告プロセスとの連携が困難なものとなっている。結果として、そのようなプロセスをより実用的なものとするために、数々の技術が開発されてきた。そのうちの一つが、複製ポートフォリオの活用である。

複製ポートフォリオとは、ある負債ポートフォリオのキャッシュフローまたは市場価値を、多数の確率論的シナリオの上で再現(複製)するように設計された資産ポートフォリオのことである。ひとたび複製ポートフォリオが決定されれば、他の広範な経済情勢下における負債価値の変化や振る舞いを予測するために使用できる。ヨーロッパでは、数々の大規模な保険会社が、定期的なモデリングや財務報告プロセスのなかで複製ポートフォリオを採用している。また、他の地域、特にアジアにおいても複製ポートフォリオに対する関心が高まっている。

いくつかの理由により、複製ポートフォリオは、伝統的な保険数理モデルの価値を高めるかもしれない。しかし、このアプローチに限界もある。この技術を不適切に使用し、結果として間違った経営判断をしてしまう危険を減らすためにも、これらの限界を理解することが賢明である。