2014年米国における臓器・組織移植の費用推計と議論(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Steven G. Hanson, T. Scott Bentley |  2014年12月30日
2014年の本報告は、臓器・組織移植治療の移植に関し、米国において推定される被保険者一人当り一か月当りの報酬額、請求費用、移植のための入院の利用を概説するものです。前回の報告を発表した2011年以降、お伝えすべき新たな展開がいくつかありました。その後、特定種類の移植に対する被保険者一人当り単月医療費が毎年増加しました。生存率は、移植の種類にもよりますが、おおむね改善しています。一方、大半の移植についての入院期間は、2011年の報告から大きな変化はありません。