マイクロインシュアランス:ヘルスケアおよび発生率の調査(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Lisa Morgan, John D. Meerschaert |  2010年2月1日

新しいマイクロインシュアランスの導入に向けて、アクチュアリーやヘルスケア担当のプロフェッショナルがプライシングの段階でテクニカル・アドバイザーとして関与するようになってくるでしょう。本稿では、そうしたテクニカル・アドバイザーのために、データが全くない、あるいはどのようなデータがあるかが分からない場合のヘルスケアのプライシング・データを集めるためのガイドラインとツールをご紹介します。これらのツールは、別紙にあります。

マイクロインシュアランス商品以外にはヘルスケアの利用ができないと思われる国で、マイクロインシュアランスがヘルスケア提供の役に立つという認識があるにもかかわらず、今日までマイクロインシュアランス商品が広まりませんでした。なぜでしょうか?マイクロインシュアランス商品のプライシングの難しさが、主な参入障壁の一つです。ミリマンのガイドラインとツールは、こうした障壁を引き下げ、それにより、もう一段のヘルスケアの財政手当てが必要な国において有益な商品作りを容易にする手助けができる点で価値があります。