ORSAガイドラインへの提言についてのEIOPAコンサルテーション・ペーパー(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 William Coatesworth, John McKenzie |  2011年11月8日

2011年11月7日、欧州保険年金監督機構(EIOPA)は、ドラフト版ソルベンシーIIレベル3テキストに関する最初の公開コンサルテーションであるリスクとソルベンシーの自己評価(Own Risk and Solvency Assessment, ORSA)ガイドラインへの提言についてのコンサルテーション・ペーパーを公表しました。

このペーパーは、レベル1指令書の第45条に規定されたガイダンスを拡大し、ORSAが確実に受け入れ可能な結果になるよう保険会社がすべきことについてのガイダンスを提供するものです。

このアップデートには、このペーパーの概要と、本文書が保険会社にとってどのような意味を持つのかについての簡単な分析を示しています。