IMAPデータレビューの考察に関するFSAの中間報告 (英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 John McKenzie, William Coatesworth |  2012年9月19日

2012年9月13日、英国金融サービス機構(FSA)は、英国の会社が内部モデル承認プロセス(IMAP)に使用するデータの質に関する考察の途中経過を記した報告書を発表しました。

本報告書は、会社のデータ管理がソルベンシーII指令書およびドラフト版レベル2実施基準に規定した内部モデル承認に求められる基準に従っているかどうかというFSAの継続的評価から始まったものです。本レポートは、FSAの文書の内容を簡潔にまとめたものです。

本分析は、主に英国の視点で記されており、英国におけるソルベンシー1およびソルベンシー2に影響した事項を反映しています。これらが英国以外の法制地域に当てはまるかどうかは、これらがどのように法的に実施されているかにより変わります。