報告・開示ガイドラインについてのEIOPA最終報告(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Gregory Campbell, John McKenzie, William Coatesworth |  2012年7月27日

2012年7月10日、欧州保険年金監督機構(EIOPA)は、ソルベンシーIIにおける保険会社および保険グループに対する報告・開示要件に関するドラフト版ガイドラインについての最終報告を含むパッケージを公表しました。

本報告内容の概要には、ソルベンシーIIの実施に向けて、この最終版パッケージが保険会社にとってどのような意味を持つのかについての簡単な分析も入っています。