ソルベンシーIIとともに:エコノミック・キャピタルの見地で見る近年の歴史(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Russell Osman, Russell Ward |  2013年3月19日

ソルベンシーIIが将来の保険会社の事業運営方法の多くの側面で大きな影響を与えることにまず間違いありません。これについては多くが既に記され、規則の細部について多くの点で議論が続いており、多くの話し合いの余地が残されています。

本レポートでは、ソルベンシーIIの意味のいくつかを浮き彫りにします。その際、

  • 簡略化した現実的な英国の「モデル生命保険会社」を想定し、
  • 世界的金融危機が発生する前にソルベンシーIIが実施されていた場合の世界を想像します。

本レポートは、金融セクター以外の業界で精緻化されたモデリング・テクニックと演算テクノロジーにおける顕著な進展を組み合わせ、かつては得られなかった示唆を得ようとするものです。本レポートは、先進モデリング・アプローチがどのようにして経営の意思決定をサポートする実行可能な情報の根幹部分を拡張できるかを例示しています。