ガバナンスの仕組みに関するガイドライン案に関するEIOPAコンサルテーション・ペーパー(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 John McKenzie, William Coatesworth |  2013年5月9日
ガバナンスの仕組みの早期導入に関するガイドライン案についてのEIOPAのコンサルテーション・ペーパーは、ソルベンシーIIに備えて整合的に収束するアプローチを確実にする目的で公表されました。本ガイドラインは、National Competent Authorities (NCAs)がソルベンシーII指令書に従いガバナンスの仕組みに関連したピラー2の要件を各社が確実に実施できるようにするための枠組みを規定するもので、2011年12月に発行されたレベル3プレコンサルテーション・ペーパーに規定された内容と大部分は整合的です。しかし、「アクチュアリーの機能」に関連するNCAに対するガイドライン案は、遵守の証拠付けをするというよりは、非遵守分野に主眼を置くよう求めているようです。本ソルベンシーIIアップデートでは、EIOPAのガイドライン案の概要も載せています。