ミリマン・マーケットモニター・ロンドン:2019年10月31日


  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
欧州株式市場は、10月もまちまちのパフォーマンスとなりました。グローバルな株式市場は、連邦準備制度がさらに金利を25ベーシスポイント引き下げたため、また米中貿易交渉がより建設的な見通しとなったことから、9月から引き続き堅調なパフォーマンスとなりました。S&Pは同月末時点で2.2%上昇した一方、日本および新興国の株式市場のリターンは、それぞれ5%と4.2%となりました。英国国債は、1.9%低下と残念な結果となりました。CPIインフレ率は、9月の1.7%から変化はありませんでした。実現ボラティリティは、全ての主要な指数について上昇しました。これは10月の実現ボラティリティがいずれも10%を超えていたためです。

次のステップ