ミリマン・マーケットモニター・ロンドン:2018年7月31日(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Peter Lin, Neil Dissanayake |  2018年8月8日
欧州の株式市場では、良好な第2四半期の企業収益の報告を背景に、7月は堅実な利益を確定しました。欧米間の貿易に関する緊張関係は、この1ヶ月は緩和し、ユーロ圏の株式が最良のパフォーマンスの一つとなるのに一役買いました。国際株式市場でも、貿易摩擦への脅威が低下したことから、1%以上の利益となりました。国際社債および英国ポンド社債は、7月に若干のプラスとなったものの、年初来ではマイナスのままです。GBPについては、先月から期間に関わらず金利が5ベーシスポイント以上の上昇となりました。欧州の株価指数については、実現ボラティリティが7月に下降してEuro Stoxxが10%となりました。S&Pボラティリティは、1ヶ月を通して10%を下回ったままです。ボラティリティ・リスクプレミアムは、全ての指数について若干下落しました。