ミリマン・マーケットモニター・ロンドン:2017年12月31日 (英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Neil Dissanayake, Peter Lin |  2018年1月11日
2017年は多くの株式市場でプラスの結果となりました。FTSE 100は12月に5% 反騰し、この1年を2桁のリターンで終えました。日米の株式市場では20%を超すリターンとなりましたが、新興国市場の株価はその上を行く約40%も上昇しました。数十年に及ぶ対米ドル英国ポンド安が、2017年初めから回復し続けています。長期GBPリスクフリーレートは、市場最安値に近いままでしたが、わずか10ベーシスポイントながらも年末を上昇で締めくくりました。債券市場では、2017年に株式市場ほどの出来事はありませんでした。世界の株式ボラティリティーは、2017年に史上最低をたびたび記録し、同年大部分の期間で10%未満でした。