ミリマン・マーケットモニター・ロンドン:2018年11月30日(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Neil Dissanayake, Peter Lin |  2018年12月14日
貿易戦争の可能性とイタリアの財政問題が続いたことから、11月の欧州の株価は変動しました。連邦準備金制度のよりゆるやかな金融引き締めの期待に支えられ、世界の株価は10月の大幅な損失から緩やかに回復しました。英国ポンド社債のリターンは、11月に1.8%下落しました。世界の債券価格は、相対的に横ばいのままでした。11月の実現ボラティリティーは、前月からの損失の一部を戻したため、世界の市場全体で徐々に低下しました。米国市場のボラティリティーは20%以下まで低下しましたが、それでも過去平均よりも高い水準のままです。欧州市場での水準は、10%強まで低下しました。