ERMにおけるトップマネジメントおよび取締役会の役割(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Vikas Shah, Mark Stephens, Olivia Wang |  2014年10月9日

ERMは、事業のあらゆる側面を報告し、ERMフレームワークが継続的に評価・更新されている場合に、最大の効果をもたらします。経営幹部および役員会のメンバーにとっての主要目的は、組織横断的にリスク認識のカルチャーを育み、ERMを主体的にモニター・更新することでしょう。ミリマンの調査におけるトレンドセッターは、ERMによる価値の創出に長けている会社で、その経営陣および役員会はERMが戦略的意思決定プロセス全面的に溶け込んでいることを確実にし、着実に進展していることを確実にすべく定期的にERMフレームワークを確認します。

北米企業125社に対するミリマンの調査では、トレンドセッターの少なくとも94%が自社の戦略計画策定プロセスにリスク管理を組み込んでいます。過渡期にある会社では57%、また開始したばかりの会社では32%のみが、それに該当しています。

Authors

トピック