マーケットコメント:2018年第4四半期(英語版のみ)


  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
金融市場は、一部の固定利付き商品区分を除き、その大部分がマイナスとなりました。米国株価は、連邦準備制度理事会の金融政策およびグローバル貿易に対する懸念により13.52%下落し、株式市場のボラティリティーがいっそう上昇しました。新興国市場および海外の先進国市場では、貿易問題に対する懸念および米国ドル高の継続により、それぞれ7.47%と12.54%の下落となりました。総雇用者数は762,000増加したものの、労働市場への参入者の増加により失業率は3.7%から3.9%に上昇しました。主に生産増加と需要増加の減速により、原油価格はこの四半期に1バレル$74から$45に低下しました。

次のステップ