マーケット・コメント:2018年代3四半期 (英語版のみ)


  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
米国以外の市場の一部および長期債券を除くと、今四半期を通して大部分でプラスとなりました。力強い経済データが金利上昇と貿易関税に関する投資家の懸念を薄れさせたため、米国株価は7.71%上昇しました。新興国株式は、貿易に関する懸念と継続する米国ドル高から、1.09%下落しました。FRB(米国連邦準備制度理事会)は、今年3回目となるベンチマークレートの引き上げを行い、2018年内にもう一度実施する方向で進んでいます。

次のステップ