ミリマンFRMインサイト:2018年9月マーケット・コメント(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Joe Becker |  2018年10月8日
9月に0.6%のリターンとなったS&Pは、2018年第3四半期のリターン7.7%を確定させ、2013年第4四半期以来最高となりました。米国株式が上昇を続けたことから、新興国市場株価は2ヶ月連続かつ過去8ヶ月のうち7ヶ月で下落となりました。6ヶ月連続の上昇により総リターンが20%となった後、9月に小型株が小休止となり、3%以上下落しました。米国株価ボラティリティーは、8月に大きく下降した後、9月にさらに低下しました。2018年現時点までで、9月のS&P 500は最も落ち着いていました。米国連邦準備制度理事会は3年間で8回目の金利引き上げを行い、フェデラル・ファンド金利誘導目標を2.25%に引き上げました。