税制改革が生んだ、年金拠出を前倒しするインセンティブ(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Milliman Employee Benefits Research Group |  2018年3月23日
2017年末に施行された米国税制改革法(Tax Cuts and Jobs Act、TCJA)により、法人税率が35%から21%に引き下げられました。TCJAには、確定給付型年金制度への拠出や最大控除額に直接影響を与える条項はありません。しかし法人税率の引き下げが、年金制度スポンサーが拠出を前倒しすることで2017年度の控除による税効果を最大化するインセンティブを生んでいます。