アジア特約調査 (英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Michael Daly |  2013年3月26日

3月にミリマンが実施したオンライン調査は、生命保険会社幹部に対してアジアにおける現在および将来の特約の様子に関する考えを表明してもらう機会となりました。この調査は、日本および韓国を除くアジアの主要市場の全ての保険会社を対象に15項目の質問を行いました。

調査に回答した86名の幹部の一般コンセンサスは、特に現在の低金利環境が「新たな標準(new normal)」になった場合、特約は近い将来ますます重要性を増すというものです。こうした背景、および重大疾病や他の医療保障の認識の高まりに対して、今こそ会社がその機会を最大限に生かす方法を特定するため、特約戦略を見直す好機かもしれません。

このAsia e-Alertは、全ての調査結果に加えて主要な調査結果へのコメントも掲載しています。