アジアにおける有配当保険事業(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Alex Bryant, Wen Yee Lee |  2014年9月26日

有配当契約は、長年、アジア太平洋地域における生命保険業界の商品として重要な部分を占めています。しかし、多くの市場において、近年の低金利環境は有配当契約を販売する保険会社の懸案の種になっています。規制強化やガバナンス要件もまた、この地域の有配当契約に課題をもたらしています。こうした状況を踏まえ、ミリマンでは、この種の契約を引き受けている生命保険会社が直面する現在の問題を理解するため、アジアの一部の市場(中国、香港、インド、シンガポール)における有配当契約のレビューを行いました。

エビデンスは明確です。有配当契約に対する需要は依然として強いものの、保険会社側は、変化する経済および規制環境に対処すべく有配当事業をいかに運営するかをより真剣に検討し適応する必要があるかもしれません。

本調査レポートは、英国でどのように有配当契約が進展してきたかという歴史的なレビューも行い、これまでのところアジアでは限定的にのみ利用されている配当積立ファンド付きユニットリンク保険(UWP: unitized with-profit)の概念についても論じます。