VM-21/AG-43における引き出し遅延コホート:ランダムサンプルの場合

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Benjamin Buttin, Matthias Kullowatz, Zi Xiang Low, Zohair Motiwalla |  2019年3月25日

2017年12月はじめ、全米保険監督官協会(NAIC)は、既存の米国変額年金法定フレームワークの改定提案を公表しました。これらの改訂は、既存のActuarial Guideline 43指導に対するもので、VM-21「変額年金の原則ベースによる責任準備金要件(Requirements for Principle-Based Reserves for Variable Annuities)」に向けた地ならしとなるアップデートとして公表されました。大半のオブザーバーは、VM-21の最終版は、2020年1月1日を発効日として2019年8月のNAICの夏季会合で正式に採択されると予想します。

VM-21 Standard Projectionの中でより困難でやりがいのある要素の一つがWithdrawal Delay Cohort Methodで、GLWBおよびHybrid GMIBの契約に対する保険契約者の選択タイミングの決定に関するアプローチを記したものです。VM-21にまとめられたWithdrawal Delay Cohort Methodの記述プロセスを遵守することで、会社はランタイムの大きな問題に直面する可能性があります。本紙では、この問題に対峙する会社にとって役立つであろうと思われるランダムサンプル・アプローチを採用してこのランタイムの課題に対処しています。

本紙に関するご質問やコメント、また本トピックスに関する詳しい情報をご希望の方は、Zohair(zohair.motiwalla@milliman.com)までご遠慮なくお知らせください。

Authors

トピック