非流動負債:神話か現実か?(英語版のみ)


  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+

2018年末にかけEIOPAは、フィードバックを求める文書を公表し、保険負債の流動性(またはそれ以外)の様々な提案されている評価アプローチに関する見解を保険業界に尋ね、2021年1月1日までに発効するソルベンシーIIのEIOPAによる広範なレビューに連絡するよう求めました。

ミリマンのコンサルタントであるPaul FulcherとThomas Bulpittは白書を作成し、これらのアプローチそれぞれについて検討し、これがソルベンシーIIの将来に対して持つ意味、またIFRS第17号の実施プロセス、特に割引率を導出するプロセスにおいて、保険会社にとって有用であることを証明できるような知見が得られるかを検討しました。

本トピックスに関するご質問、ご意見がある場合、または話し合いを希望される場合は、Paul(paul.fulcher@milliman.com)またはThomas(thomas.bulpitt@milliman.com)までご連絡ください。

次のステップ