PCFモデルに関する早期考察(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Raheel Sohail, Cory Gusland, Daniel Henry |  2019年8月22日

米国健康保険庁イノベーションセンター(CMMI)は、出来高払いに代わる様々な診療報酬支払方式を試行的に導入しています。Primary Care First (PCF)モデルは、そのうちの最新のものの一つで、2020年から導入される予定です。これは、患者/住民の健康アウトカムを向上させることを前提として、係りつけ医に対して、健康アウトカムへの関与の自由度を上げるモデルです。このモデルは、詳細はまだ不透明であるものの、すでに保守党・民主党の双方から支持されています。

PCFモデルにおける診療報酬支払方式は、出来高払方式と人口基準方式(住民1人につき毎月一定額が支払われる方式)とを合成したものになるようです。例えば、係りつけ医には、人口1人当$24から$175(性別年齢別に異なる)に加えて、一回の患者訪問ごとに$50.52(地域によって異なる)が支払われます。それに加えて、住民の健康アウトカムが良くなれば良くなるほどボーナスが支払われ、ボーナス額は、上記報酬合計額の-10%から50%になるといわれます。

Authors

トピック