米国民間保険加入患者における最新の不確定肺結節に対する明瞭な精密検査はない(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Javier J.Zulueta, Bruce S. Pyenson, Carol Bazell, Michael J. Bellanich, Melissa A. Caplen |  2019年5月13日

不確定肺結節(IPNs)は、肺における3センチ未満の特定の非石灰化結節で、肺実質に完全に囲まれたものを言います。IPNsを評価する主たる目的は、悪性腫瘍を排除することです。最近のある研究によると、肺がん画像検査以外の胸部CTスキャンで米国人の150万人以上にIPNが見つかっていると推計されています。本稿では、保険会社の管理する民間の被保険者に関する保険金請求を用いて、リアルワールドの診療におけるIPN検査のパターンとコストについて調べます。

本記事は、Journal of Health Economics and Outcomes Researchに掲載されたものです(閲覧には無料登録が必要です)。

本記事を読む、または印刷する

Authors

トピック