介護サービスの利用:2つの予測手法のレビュー(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Jeremy Hamilton, Tim F. Kempen |  2018年4月25日

長期介護保険の利用予測をする際に用いる前提条件および手法は、将来の保険金請求見積に大きな影響を持ち得るものです。本稿では、現在の利用水準を用いて将来の契約期間に対する利用前提条件を構築する2つの手法、「平均利用」手法と「分布」手法に着目します。

本稿は、Long-Term Care News誌2018年4月号に掲載されたものです。

Authors

トピック