妊婦の羊膜破裂が疑われる状況での潜在的に回避可能な緊急受診数と保険料負担者コスト(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Christine Ferro, Jocelyn Lau, Bruce S. Pyenson, Mona Kelkar |  2018年7月30日

羊水漏出は妊婦の間で一般的な懸念であり、早期羊膜破裂(PROM)が疑われる状況により妊婦はその確認のため緊急外来や分娩室へと駆り立てられることがあります。こうした受診の多くは、そのまま分娩には至らず、潜在的には不要な多額の医療費支出を伴います。本調査は、妊婦の早期羊膜破裂が疑われる状況での潜在的に回避可能な受診数と保険料負担者コストを推計するものです。

本記事は、American Health & Drug Benefits2018年7月号に掲載されたものです。

本記事を読む、または印刷する

Authors

トピック