ICD10F11確定診断の有無別オピオイド処方パターン (英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Stoddard Davenport, Ally Weaver, Matt Caverly |  2018年8月28日
高い水準でのオピオイド処方は、引き続き米国における深刻な問題であり、薬剤処方慣行はこの国のオピオイド蔓延に寄与する大きな要因です。本稿では、オピオイド使用障害の確定診断済のおよび未診断のオピオイド大量使用者両方の民間保険被保険者におけるオピオイド処方パターンと、なぜ多くの利害関係者がこの問題に対処し始めたのかを分析するものです。

Authors

トピック