2012年の検査ガイドライン拡大前後の米国民間健康保険被保険者におけるC型肝炎の新規診断数(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Gabriela Dieguez, Bruce S. Pyenson, Christine Ferro |  2018年7月30日

米国では2014年に多くの未診断者を含めて300万人以上の人が、慢性C型肝炎ウイルス(HCV)に感染していたと推計されます。2012年、米国疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention)は、そのHCV検査推奨対象を、潜在的に危険な状態にある個人に加え、1945年から1965年に生まれた全ての成人に拡大しました。これにより、新たに診断された患者が増加しました。新たにHCVと診断された患者の医療費や臨床状態を調査した研究はほとんどありません。本調査は、新たに診断された患者の人口構成、並存疾患、医療費を、すでにHCV感染と診断された患者と比較するものです。

本記事は、American Health & Drug Benefits2018年7月号に掲載されたものです。

本記事を読む、または印刷する

Authors

トピック