新死亡表が年金負債を引き下げる可能性:オランダ企業が検討すべきことは? (英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Ernst van Bruggen |  2018年10月31日

今年はじめ、2018年Heubeck死亡表が公表されました。ドイツの年金負債価値は、この死亡率表を用いて測定されます。この記事では、MBW InternationalコンサルタントであるIsabel Colesが、これらの新死亡表が企業のバランスシート上の年金負債の価値を引き上げる可能性があることを解説しています。

最近、オランダのアクチュアリー会であるRoyal Dutch Actuarial Association(Koninklijk Actuarieel Genootschap、AG)もオランダの死亡率表をProjections Life Table AG2018(Prognosetafel AG2018)に更新しました。新しい予測表は、2016年AGレポートと同じ手法を用いています。アップデート内容は、主により新しいデータを反映するというものです。興味深いことに、新死亡率はドイツにおける年金負債を引き上げると見込まれますが、オランダの新死亡率はオランダにおける年金負債を引き下げると見込まれます。この展開を踏まえると、オランダの企業が考えるべきことがありそうです。

Companies are expected to adopt this table for their year-end 2018 pension liabilities. The new table assumes a slightly higher expected mortality. This means that contrary to the German update, the Dutch update is not expected to result in an increase to the defined benefit obligation, but is more likely to result in a 1% to 1.5% reduction. With pension assets unaffected, the effect on companies’ pension liabilities would be larger than this 1% to 1.5%. A reduction of pension liabilities is advantageous for companies with pension plans because it increases their solvency ratios and equity reserves.

Mergers and acquisitions must be reevaluated to account for the effects liability reductions will have on companies’ balance sheets. Lower pension liabilities increase a selling company’s net worth so it can ask for a higher price.

Depending on the impact of the higher expected mortality on companies’ equity reserves, the update may also enable companies to distribute more profits to their shareholders.

For additional information about the AG2018 mortality tables, contact your Milliman consultant.