ソルベンシーIIにおける投資戦略(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Kevin Manning, Eamon Comerford |  2018年10月11日

ソルベンシーIIは、投資戦略の視点で保険会社により大きな自由を与えますが、同時に投資決定によるリスク・プロファイルや資本要件に対する意味に着目するよう求めています。保険会社の投資プロファイルは、ソルベンシーIIの導入以降多少変わりましたが、多くの保険会社にとっては、その投資戦略の最適化に向けて進める機会がありそうです。

低金利環境という意味で、保険会社は、資本およびリスク選好の基準を満たしつつ十分な利回りを提供する資産を探すのに苦労します。ミリマンの調査は、保険会社の視点による資本要件を大幅に引き上げることなく追加の利回りを提供する資産があることを示しています。実際、オルタナティブ資産の一部は、利回り上昇を生みつつリスクプロファイルの多様化を手助けします。

保険会社がこうした問題を検討する際、欧州の保険会社がマッチング調整の利用を検討する際、また、保険会社が現預金リターンと関連資本要件の最適なバランスを検討する際に、ミリマンの調査が役立つ知見を提供できればと願っています。