IFRS第17号 CSM償却に用いるカバー単位(英語版のみ)


  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
IFRS第17号にはカバー単位に関するガイダンスはほとんどないものの、保険会社は現在のモデル方針やU.S. GAAPなど既存の基準から、暫定的ではあるものの妥当と考えられる選択肢を見つけられるかもしれません。カバー単位は、IFRS第 17号下の将来の利益発生パターンを左右する非常に重要なファクターであるため、保険会社は各社の事業特性に照らして特定の選択肢を採択した場合の結果や妥当性について慎重に検証する必要があります。

Next Steps

For more information, contact: