IFRS第17号はEV開示を代替するか?


  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
IFRS第17号には、保険契約負債は評価時点の環境を反映してタイムリーにアップデートされるという時価会計的な側面と、繰延会計の双方の側面があります。こうした特徴から従来EV開示が担ってきた役割を相当程度代替することが期待されます。一方でIFRS第17号の保険契約評価手法は大変複雑であり、よりシンプルな時価会計的な側面を持つEV開示が有用と考えられる部分もあります。本稿では、IFRS第17号とEVの評価手法の比較を行い、EV開示の今後について考察します。

Next Steps

For more information, contact: