オピオイドの処方パターンの変化がリスクスコアに与える影響(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Christine M. Mytelka, Melanie K. Kuester, Colin R. Gray, Lucas Everheart |  2018年4月19日
本稿は、増加するメディケイド対象者に処方されるオピオイドの減少および他の非オピオイド鎮痛剤の使用増加に関するデータを示すものです。また処方パターンの変化が、公衆衛生およびリスクベース・マネージドケア・プログラムにおけるリスク調整後支払額の評価に与え得るそれぞれの影響ついても提示しています。

Authors

トピック