ゲノム検査:支払者にとって、コスト削減か、コスト上昇か(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Didier Serre, Joanne Buckle |  2018年3月2日

民間支払者は徐々にゲノム検査を採用し、選択的障害に対する治療経路を決める指針にし始めています。ゲノム検査の将来の取り込みおよび新たなテストの洗練度合に関しては、まだ不確実性はあります。本稿では、今これらのテストに今拠出する支払者にとってのリスクおよびゲインをより理解するための手助けができる関連検討事項について論じます。

本稿は、Health Watch 2018年2月号に掲載されたものです。