欧州およびポーランドの損害保険会社2016年度末報告のSFCR分析(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Jarosław Lech, Marcin Krzykowski |  2018年4月23日
2016年1月1日よりソルベンシーIIが施行され、欧州の保険会社に多くの新たな開示要件が導入されました。各保険会社は現在、一部の定量的報告テンプレート(QRT)を含むソルベンシーおよび財務状況報告書(SFCR)を毎年公表することが義務付けられています。損害保険市場に関してミリマンが行った欧州の分析では、11か国の140社の引受総保険料(GWP)総額€1410億以上、技術的準備金総額€2240億弱をカバーしています。同ポーランドの分析は、ポーランドで損害保険事業を行う単独保険会社14社に基づいており、2016年のポーランド損害保険市場のGWPの約89%をカバーしています。