欧州およびポーランドの生命保険会社2016年度末報告のSFCR分析(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Marcin Krzykowski, Jarosław Lech |  2018年4月23日
2016年1月1日よりソルベンシーIIが施行され、欧州の保険会社に多くの新たな開示要件が導入されました。この新たな要件により、欧州保険会社の大部分が、2017年5月に初めて詳細なソルベンシーおよび財務状況報告書(SFCR)の公表を求められました。欧州生命保険市場に関してミリマンが行った分析では、13か国の200社の引受総保険料(GWP)総額約€4750億、技術的準備金総額約€4兆7000億をカバーしています。