VM-20の結果を理解(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Seng-Siang Goh, William C. Hines, Michael Nam, Karen K. Rudolph, William M. Sayre, Tung Tran, David Wang |  2017年8月18日

VM-20(NAICのValuation Manual 20)責任準備金の期ごとの変動を評価するための選択肢に焦点を当て、その変動について関係者にコミュニケーションを図る文献はほとんどありません。 本調査では、準備金の増減とボラティリティーの要因を調査し、要因分析アプローチとして考えられる他の報告制度を調査し、財務報告担当アクチュアリーに対して利用する要因分析手法に関するインタビューを実施し、VM-20評価用ケーススタディーとして提案された要因分析アプローチのデモを行っています。

本記事は、Society of Actuariesが発表したものです。

本記事を読む、または印刷する

Authors

トピック