個別リザービングの将来(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Alexandre Boumezoued, Laurent Devineau, Fabrice Taillieu |  2017年5月9日
現在のリザービング実務の大部分は、資本要件の計算に加えて推定値のプロジェクションについてもロスディベロップメントに基づく手法を用いています。リザービングの実務においてより正確なモデルに対するニーズが高まっていることから、個別の保険金請求データに組み込まれた情報を活用することが有望な代替案となります。本白書は、代替的な個別リザービングモデルが提供する革新的な機会とその実施に当たっての主な課題について論じます。