楽観視する理由、そして2017年下期に意識しておくべきリスク(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Joe Becker |  2017年8月23日

2017年のこれまでは、確かな株式市場のリターン、低い失業率、成長する経済、低インフレ率が財政・経済の健全化に向かい、楽観視する理由となっています。しかし他の指標は、各々のより長期的な範囲の上限または下限付近に留まっています。それぞれの平均への回帰は、投資家にとって重要な示唆がありそうです。

本記事は、WealthManagement.com's 2017 Midyear Outlook(96ページ)に掲載されたものです。