確率論的モデルを用いた長寿および死亡の予測(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Daniel Theodore |  2017年1月12日

将来の死亡および長寿に関する前提条件の設定には、ベストエスティメイトの死亡率および死亡率の改善とは結果が異なる場合のリスクを認識し定量化する新しいアプローチが必要です。将来の死亡率の確率論的プロジェクションは、結果として得られるシナリオに対する確率を階層化して割り当てる手助けをします。確率論的分析は、これらのパターンをシミュレーションして将来の死亡率が変化した際の財務面の影響を検討できるようにします。

本記事は、Pension and Longevity Risk Transfer for Institutional Investors2016年秋号に掲載されたものです。

本記事の入手は、Daniel Theodore(daniel.theodore@milliman.com)までご連絡ください。

Authors

トピック