生命保険商品開発に対するVM-20の影響(英語版のみ)


  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+

全米保険監督官協会責任準備金評価マニュアル(National Association of Insurance Commissioners Valuation Manual)の第20章(VM-20)がこの1月1日に発効しました。保険会社、アクチュアリー、監督当局がVM-20責任準備金計算の経験を得る中で、その計算に当たっての数理実務が策定される予定です。本レポートは、VM-20が求めるプリンシプルベースの責任準備金が導入されたことによる商品開発プロセスの変化を、定期保険商品および二次的保証のあるユニバーサルライフ商品のケーススタディーを通して概説します。

本記事は、Society of Actuariesにより発表されたものです。

本記事を読む、または印刷する

次のステップ