NHSの継続性および変換計画への人頭割応用の可能性(英語版のみ)


  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
人頭割の協定は、資金提供者からヘルスケア・サービス提供者へのリスク移転を促進するため、出来高払いの診療報酬に代わるものとして、伝統的に用いられています。資金提供者とサービス提供者の間でのリスク分担を導入する目的は、複数のサービスを統合してケアの不当なばらつきを最小限にすることに動機を与えることで、効果的かつ患者本位のケアの提供を促すためです。本紙では、利害関係者の役割が異なり様々な人頭割の原則の実施が可能ではない地域国民保健サービス(NHS)に対して伝統的な人頭割原則の応用の可能性を探ります。

次のステップ