標準フォーミュラを自社のものにしましたか?(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Lamia Amouch, Vincent Robert |  2017年11月30日
標準フォーミュラを使用した場合に、自社のリスクをより的確に反映し、自社の資本要件を潜在的に軽減する利用可能な手段は何でしょうか?現在各社は第一回目の年次報告を提出したところで、標準フォーミュラを用いた際の自社のリスクをより的確に反映する方法、その結果として自社のソルベンシー資本要件を潜在的に軽減する方法について考え始めるようになりました。具体的には、会社固有のパラメータ(Undertaking Specific Parameters)および繰延税金の損失吸収力(Loss Absorbing Capacity of Deferred Taxes)などがあります。2017年末の当局の承認を得るには遅すぎますが、各社は次回の提出に向けて計画策定を開始するでしょう。