細部が肝心:絶対水準vs.相対的な保険料引き上げと長期介護保険の数理的等価への影響(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Mike A. Bergerson, John Hebig |  2017年5月2日

長期介護保険業界は、保険料と費用の不均衡を管理する方法を探し続けています。保険料の引き上げと給付の引き下げは、事業の意思決定における大きなファクターであり続けるでしょう。保険会社は、料率変更による最終損益への影響を、単にその数値としてだけでなく、多くの給付金にわたる経験および将来の利益や損失の可能性と関連付けて、慎重に検討しなくてはなりません。

本稿は、Long-Term Care News 2017年4月号に発表されたものです。

Authors

トピック