CMSの新支払モデルにおけるリスク調整 (英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Samuel Bennett, Thomas D. Snook |  2017年12月20日
米国健康保険庁(Centers for Medicare and Medicaid Services)は、最近、様々なエピソードベース支払モデルを採用しました。プロバイダーにとっては、それぞれがユニークで複雑なリスク調整をしています。本稿は、米国健康保険庁エピソードベース支払モデル4つ、包括的人工関節置換術(CJR)、急性心筋梗塞、バイパス手術、大腿骨骨折に関するエピソード支払モデル(EPM)、包括的入院支払請求(BPCI)、かん治療モデル(OCM)の広範な対象であるリスク調整に関する概括的ガイドです。

Authors

トピック