2016年エンベディッド・バリュー結果:欧州(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Tatiana Egoshina, Stuart Reynolds, Philip Simpson |  2017年7月19日
様々な政治的帰結が不確実なことも理由の一部となり、2016年は市場のボラティリティーが増加した1年になりました。2016年の最初の3四半期の間、金利は下降し続けましたが、2016年第4四半期から2017年第1四半期にかけて回復の兆しをいくらか見せました。本レポートは、2016年末時点のエンベディッド・バリュー結果に着目し、各社の結果とソルベンシーII後の変更を含む手法の概要を示しています。

Authors

トピック