一兆ドル市場(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Jonathan B. Glowacki, Michael Jacobson |  2016年5月4日

抵当に対する信用リスク分担取引が、その頻度、多様性、ボリュームにおいて増加するものと思われます。これは、政府出資企業の資本を今後数年間で減額しなくてはならないためです。これらの信用リスク分担取引のリスク・リウォードのプロファイルは、バランスシートの資産面からも、保険引受けのいずれの点でも、保険会社が資本を利用する魅力的な手段となりえます。こうしたリスクに投資する、または引き受けることを決める前に、デフォルトの要因と、権利参加に内在する潜在的パフォーマンスのボラティリティーを理解することが重要です。

本記事はAmerican Academy of Actuariesが発行する隔月誌Contingenciesの2016年5/6月号に掲載されたものです。

Authors

トピック