退院後戦略が病院の最優先課題(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Ross Armstrong, Edward Jhu, Sean Slattery |  2016年4月22日

過去数年の間に、病院やヘルスケア制度のリーダーシップを有するチームが退院後のケア(PAC)の徹底した統合戦略の重要性をますます認識するようになっていますが、実際にこうした戦略が策定・実行された事例はほとんどありません。多くの病院やヘルスケア制度は、医師を統合するネットワークを構築し、国民の健康状態の分析に投資を行い、価値に基づく医療の提供に向けて進展しています。一方、こうした組織の多くに、こうした戦略による財務面や患者ケアの顕著な恩恵が現れるのは、まだ数年先のことでしょう。これは、PAC統合の事例ではありません。現在の市場環境を考えると、患者に対する価値を即座に向上させることで、病院の財務に近い将来プラスの影響を与えそうだと考えます。

本記事は、Becker's Hospital Reviewに掲載されたものです。

本記事を読む、または印刷する

Authors

トピック