開腹手術と低侵襲子宮摘出手術:民間保険費用と再入院(英語版のみ)

  • Print
  • Connect
  • Email
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Google+
作成者 Warner Huh, Andrew Bochner, Kathryn V. Fitch |  2016年8月22日

米国では、毎年約60万件の子宮摘出術が行われています。子宮摘出術には、複数の手術法が用いられています。開腹子宮摘出術が最も一般的で侵襲的アプローチです。その他全てのアプローチは、低侵襲的処置に区分されます。本誌では、入院開腹手術と3種類の外来手術(腹腔鏡子宮摘出術、腹腔鏡補助下子宮摘出術、膣式子宮摘出術)の平均コストと再入院率の民間保険支払者における違いを分析しています。

本記事は、Managed Care2016年8月号に掲載されたものです。

Authors

トピック